【ミールカード】について

どんなメリットがありますか?

1枚32,000円分利用できるカードを30,000円で販売しています ( 1枚あたり2,000円分のプレミア付きです ) 。
他大学の同様のカードに比べて、1日の利用上限も設けていませんし販売価格も低く設定しています。
また、有効期限も卒業まで (又は購入日より4年経過後の前月末日のどちらか早い方 ) なので、期限内には十分に使い切れる金額となっています。
このカードは各キャンパスのサービスカウンターにて通年で販売しておりますので、利用頻度に合わせてお買い求めください 。ただし、関大生協組合員の方のみご購入いただけますので、生協加入がお済みでない方は加入手続き後にお申込みください。

ミールカード



どうやって利用するのですか?

ミールカードご利用可能店舗のレジにて、ミールカードをスタッフにお渡しいただければお支払いができます。ミールカードはプリペイドカード (現金前払式) なので、カード額面金額からご利用代金分が減算されていきます。
カードに残高さえあれば安心してお食事をすることができます。生協直営店舗であれば食堂だけでなくカフェ&ベーカリーやコンビニでもご利用いただけますので、小腹がすいた時の軽食などのご購入も可能です(文具雑貨・書籍等のご購入はできません ) 。
またミールカードは組合員証を兼ねていますので、このカード1枚で組合員価格でお支払いが完了します。




食事した内容はわかりますか?

残念ながら現在のシステムではWEBなどを通じて食事内容を把握することが出来ません。その代わり、お気軽にご利用いただけるように、他大学と比べて1日の利用上限を設けず販売価格も30,000円と低く設定し、有効期限も卒業まで (又は購入日より4年経過後の前月末日のどちらか早い方 ) としています。




どの店舗で利用できるのですか?

千里山キャンパスでは、凜風館2F「ダイニングホールDi-Noah(ディノア)」、凜風館3F「ベーカリー&カフェ(SUNMADE)・コンビニQeat凜風館店」、以文館1F「レストラン法文坂・コンビニQeat以文館店」、第3学舎1号館1F「カフェソシオ・コンビニQeat社会学部店」、第4学舎理工系学部1F「コンビニQeat理工系学部本部店」、中央体育館横「コンビニQeat体育館店」、高槻キャンパスでは、厚生棟(L棟)1F「山翠」、2F「コンビニ店」にてご利用頂けます。

なお、100周年記念会館1F「紫紺」、第1学舎1号館1Fおよび第2学舎1号館1Fにある食堂・コンビニは生協店舗ではございませんのでご利用頂けません。また、新関大会館南棟4F「チルコロ」は生協が委託するレストランですが、ミールカードはご利用頂けません(「KU CO-OP VISAカード」でのお支払いは可能です)。




有効期限内に消化出来ない場合はどうなるのですか?

日替りランチの場合で70回ほどご利用いただける設計ですので、通常であれば初年度に十分消化できます。ミールカードの仕組みについては事前に近畿財務局や国税庁等に届け出ており、運用上法令等の制限を受けていますので、退学等の所定の条件を除いて一度でもご利用されると返金することが出来ません。また、紛失・盗難時についてもプリペイドカードということで再発行できませんのでご注意ください。
なお、ミールカードを貸与・譲渡・転売することは出来ません。

HOMEへ戻る

PAGE TOP